スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レボリューション」予告編

今年のラテンビート映画祭、注目のメキシコ映画「レボリューション」は、メキシコ革命(1910~17年)をテーマに、10人の気鋭の監督が独自の視点で革命を見つめなおしたオムニバス作品。本国メキシコでは、革命の始まった11月20日に封切り予定です。

【メキシコ革命とは】
1910年11月20日、独裁政権に不満を募らせていた自由主義者たちが、政治の民主化、農地改革、外国資本による経済支配からの脱却などをめざして蜂起した。数々の内戦を経て、17年に民主的な新憲法が成立し、革命は終息した。パンチョ・ビリャ、エミリアーノ・サパタなどが革命軍の英雄として有名で、映画にもなっている。

[レボリューション Revolución]
監督:マリアナ・チェニリョ、フェルナンド・エインビッケ、アマ・エスカランテ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナ、ヘラルド・ナランホ、ロドリゴ・プラ、カルロス・レイガダス、パトリシア・リヘン

予告編はこちら
スポンサーサイト
プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。