スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アベルの小さな世界」ゲストQ&A

心を閉ざした少年と家族の物語「アベルの小さな世界」のプロデューサー、ヘミニアノ・ピネーダ・モレノ氏が来日しました。

モレノ氏挨拶:
来日が予定されていたディエゴ・ルナ監督が、スペインへのプロモーションのため、来日が叶わなかったことを大変、残念に思っています。この映画が、アジアで初めて上映されることを、大変、うれしく思います。
この満席のお客様の写真をとって、ディエゴに送ろうと思います。

Q.子役を使う上での苦労は?
A.子役はすべてこの映画が初めての演技でした。500人の中からオーディションし、主役の少年が決まりました。弟役は、アベルを演じた少年の実の弟です。子供たちには、今日、何を撮るのかを教えず、自然な演技を引き出すよう心がけました。ディエゴ・ルナ監督も、8歳から子役として演じていましたので、彼らの置かれている状況や、心理をつかみやすかったと思います。

Q.メキシコでの親子関係は?
A.メキシコでは、父親が出稼ぎで家を空け、母と子供たちだけで暮らしている家庭がたくさんあります。ですから、母と子供の絆はよりいっそう強くなります。この映画でも、心を閉ざしたアベルに対する母の深い愛が描かれています。

モレノ氏のQ&Aは、京都:20日(月)21:00~ の上映終了後にも開かれます。お見逃しなく!

作品詳細
スポンサーサイト

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。