スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回ラテンビート映画祭2010 開催のご案内

今年で7年目を迎える「ラテンビート映画祭 LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2010」の上映作品が下記の通り決定いたしました!

2010年は、新宿、京都、横浜の3会場で開催。新宿・横浜では、ラテン映画の新作を、
京都では、新作プラス過去のラテンビートで上映された作品&日本公開されたラテン映画の名作11本を2週間にわたって一挙上映いたします。

<主催> LBFF実行委員会
■プロデューサー&プログラミング・ディレクター:
アルベルト・カレロ・ルゴ

東京会場:新宿バルト9
9月16日(木)~23日(木・祝)

神奈川会場:横浜ブルク13
10月8日(金)~11日(月・祝)

京都会場:駅ビルシネマ(京都駅ビル7階東広場)
9月20日(月・祝日)~10月3日(日)



ラテンビート今年一番の注目は、メキシコ革命100周年記念作品「レボリューション」。人気俳優でもあるガエル・ガルシア・ベルナル&ディエゴ・ルナ他、10人の監督が独自の視点で「革命」を描いたオムニバス映画です。監督・俳優の来日も予定しております。
レボリューション小ー愛しの美しき故郷



そしてそして、フランシス・フォード・コッポラ監督がブエノスアイレスを舞台に撮った新作「テトロ TETRO」(主演:ヴィンセント・ギャロ)も要チェック!
テトロ-s

さらに、反骨の監督オリバー・ストーンが、南米左派の大統領たちの実像に迫った社会派ドキュメンタリー「国境の南 SOUTH OF THE BORDER」もやってきます。
国境の南-チャベス小

その他、スペインの名匠カルロス・サウラ監督の話題作「フラメンコ×フラメンコ FLAMENCO FLAMENCO」、
フラメンコSara-Baras小

ルラ大統領の半生を描いた「ルラ、ブラジルの息子 LULA, O FILHO DO BRASIL」、
ベルリン国際映画祭で銀熊賞・新人監督賞・アルフレッド・バウアー賞をトリプル受賞した話題のウルグアイ映画「大男の秘め事 GIGANTE」等、映画祭ならではの、本邦初公開の選りすぐりのラテン映画最新作を、多くの来日ゲストとイベントと共にお贈りします




上映予定作品:

Paper Birds(英題) PÁJAROS DE PAPEL
空襲で家族を亡くした喜劇役者は、孤児の少年を伴い旅芸人一座に加わるが、時代は軍事政権に突入。旅芸人一座も表現の自由を奪われてしまう。/監督:エミリオ・アラゴン/スペイン

フラメンコ×フラメンコ FLAMENCO FLAMENCO
ホセ・メルセ、サラ・バラス、パコ・デ・ルシーアら、史上最高のフラメンコ歌手、ダンサー、ギタリストたちを一堂に集めたフラメンコ映画の集大成。/監督:カルロス・サウラ/スペイン

レボリューション REVOLUCIÓN 
メキシコ革命をテーマに、10人の気鋭の監督が独自の視点で革命を見つめなおしたオムニバス作品。/監督:ロドリゴ・ガルシア、ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナほか/メキシコ/メキシコ革命100周年記念作品。監督来日予定!

家政婦ラケルの反乱 LA NANA
無愛想だが働き者のベテラン家政婦ラケルは、居場所を死守するため若い家政婦を次から次に追い出してしまう。/監督:セバスチャン・シルバ/チリほか/2010年ゴールデングローブ賞外国語映画部門ノミネートほか

わが父の大罪 -麻薬王パブロ・エスコバル- PECADOS DE MI PADRE
コロンビアの麻薬王と恐れられたパブロ・エスコバルの真実に、実の息子が迫った衝撃のドキュメンタリー。/監督:ニコラス・エンテル/コロンビアほか/2010年マイアミ映画祭審査員賞・観客賞ほか

テトロ TETRO
ブエノスアイレスで暮らす兄を訪ねたアメリカ育ちの青年は、名前を変え、過去の自分を隠そうとする兄に疑念を抱く。監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:ヴィンセント・ギャロ/アメリカほか

ルラ、ブラジルの息子 LULA, O FILHO DO BRASIL 
貧しい農民の子として生まれたルラは、次々と降りかかる困難を克服し労働運動家として頭角を現す。現ブラジル大統領ルラの激動の半生を描いた人間ドラマ。監督:ファビオ・バヘト、マルセロ・サンチアゴ/ブラジル

ファベーラ物語 5 x FAVELA, AGORA POR NÓS MESMOS
ファベーラ(スラム街)で暮らしながらも未来に夢を抱く若者たち。彼らの日常をやさしい視点で描いたオムニバス作品。/監督:ヴァグネル・ノバイス、マナイラ・カルネイロほか/ブラジル

キューバ音楽の歴史 HISTORIAS DE LA MÚSICA CUBANA
世界を魅了してきたキューバ音楽の魅力に迫る音楽ドキュメンタリー。シリーズ5本のうち「キューバ・ジャズへの眼差し」「フィーリン(気持ち)を込めて」の2本を上映。/監督:パベル・ジロー、レベカ・チャベス/キューバ

僕らのうちはどこ?-国境を目指す子供たち-WHICH WAY HOME
リスクを冒し中央アメリカからアメリカ合衆国へ入国しようとする子供たちの姿を追った衝撃のドキュメンタリー。監督:レベッカ・カンミサ/メキシコほか/2010年アカデミー賞ドキュメンタリー部門ノミネート

大男の秘め事 GIGANTE
小心者で冴えない大男のほのかな恋心が次第にエスカレートしていく様をリアルに描いた話題作。/監督:アドリアン・ビニエス/ウルグアイほか/ 2009年ベルリン映画祭銀熊賞・新人監督賞・アルフレッド・バウアー賞

国境の南 SOUTH OF THE BORDER
反骨の監督オリバー・ストーンが、南米左派と呼ばれるベネズエラのチャベス大統領やボリビアのモラレス大統領らと会見しその実像に迫る社会派ドキュメンタリー。監督:オリバー・ストーン/アメリカ

猟奇的な家族 SOMOS LOS QUE HAY
父親を亡くし“食料”を得る手段を失った母子は人間狩りを始める…。人肉を食べる怪物一家の苦悩を描いた衝撃のホラー。/監督:ホルヘ・ミッチェル・グラウ/メキシコ

命の相続人 EL MAL AJENO
有能だが傲慢な医師が瀕死の重傷を負う。生還した男には不思議な能力が備わっていた…。人気スター、エドゥアルド・ノリエガ主演、アレハンドロ・アメナバール製作の最新ミステリー。監督:オスカール・サントス/スペイン

追加上映&ゲスト情報は、随時、お伝えしてまいります!

(来日ゲストは予定であり、事情によりやむを得ず変更・キャンセルとなる場合もございますので、あらかじめご了承ください)


スポンサーサイト
プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。