スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/6(土)18:30~『EVA<エヴァ>』@横浜ブルク13、キケ・マイジョ監督の登壇が決定いたしました!

10/6(土)18:30~『EVA<エヴァ>』@横浜ブルク13、キケ・マイジョ監督の登壇が決定いたしました!

新宿では「侍」Tシャツで登壇した、『EVA<エヴァ>』主演のダニエル・ブリュールも霞む(?)ラテン美男子監督です。横浜ブルクでのラテンビート開催以来初のゲストになります!
監督も皆様の反応をダイレクトに知れるティーチインの機会をこの上なく楽しみにしているとのことです。
この機会をお見逃しなく!
http://www.hispanicbeatfilmfestival.com/lbff2012/guest.html

チケットはこちら:https://kinezo.jp/pc/170/2012/10/06

EVA < エヴァ >
舞台は近未来の2041年。エンジニアのアレックスは、雪に閉ざされたサンタイレーネのロボット研究所に10年ぶりに戻り、少年のロボットの製作にとりかかる。一方、かつての恋人ラナは、兄デダビッドと結婚。一人娘エヴァを授かっていた。エヴァの個性にひかれたアレックスは、彼女をモデルにロボットを作りたいと願うが…。

キケ・マイジョ / Kike Maíllo
1975年バルセロナ生まれ。短編映画『Las cabras de Freud』(1999)、『Los perros de Pavlov』(2003)を監督後、テレビのアニメシリーズ『Arros covat』の監督・脚本を経て、『EVA < エヴァ >』で長編映画監督デビュー。2012年のゴヤ賞で、見事新人監督賞を受賞した。主な監督作品:『EVA < エヴァ >』(2011)、『Los perros de Pavlov』(2003)、『Las cabras de Freud』(1999)
スポンサーサイト
プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。