スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BLACK BREAD(英題)』主演俳優、Francesc Colomerさん舞台挨拶決定!(新宿バルト9)

2011年度のゴヤ賞で9部門を獲得、昨年スペインを賑わせた『BLACK BREAD(英題)』主演、Francesc Colomerさんのの舞台挨拶が決定しました!(9/17(土)新宿バルト9 16:00の回上映終了後)
フランチェスク・コロメル
ラテンビート映画祭、舞台挨拶登壇者としては最年少となるFrancescさんですが、『BLACK BREAD』という大作の主演を経てどのような変化があったのでしょうか。もちろん恒例のQ&Aも予定しています!

チケットはこちらから!
スポンサーサイト

ラテンビート映画祭とは?

突然ですが、今年「初めまして」の方から多く寄せられる「ラテンビートとはなんぞや?」についてお答えしてみようと思います。

2011年に8回目を迎える「LATIN BEAT FILM FESTIVAL」は、独自の審査基準に基づいて厳選したスペイン語・ポルトガル語圏の個性溢れる最新の話題作を一気に上映する、モダンでオリジナリティ溢れる映画祭。この日本で唯一のスペイン・ポルトガル語圏映画の祭典は、2004年の初開催以来、年を追うごとにそのユニークな視点への評価が高まっています。


権威ある世界の国際映画祭で重要な賞を獲得した、日本未公開の話題作をメインに、ラテンならではの愛と情熱、青春、圧政と反抗のドラマ等の長編・短編映画や、社会問題を抉るドキュメンタリー等、選りすぐりの約15本を、毎年多くの豪華来日ゲストを迎えてお贈りします。上映だけではなく、ラテン諸国から遥々やってきたフレンドリーなゲストたちによる舞台挨拶やティーチインなどもラテンならではの魅力満載です。

また、毎年映画祭を彩るメインビジュアルも大きな魅力の一つです。イラストレーターは昨年スペイン最優秀イラストレーション賞を受賞したアナ・フアン。優美かつ幻想的な唯一無二の世界観で、映画祭をより華やかに盛り上げます。


今年のメインビジュアルはこちら
コピー ~ 2011MAIN


初めての方も、そうでない方にとっても今年の映画祭がすばらしい作品との出会いのきっかけとなりますように!

「シネマトゥデイ」にラテンビート映画祭特別講演「高城剛流スペイン的人生の醍醐味」が紹介されました!

映画情報サイト「シネマトゥデイ」にラテンビート映画祭特別講演:高城剛トークショー『高城剛流スペイン的人生の醍醐味 』ほか、関連記事が掲載されました!
シネマトゥデイ掲載記事

【高城剛トークショー 開催日時】9月18日(日)16:00~(90分)
前売券はぴあにて発売中!
インターネット : http://t.pia.jp/cinema/

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

「ラティーナ」「INTOXICATE」にラテンビート映画祭が紹介されました!

タワーレコードのフリーペーパー「INTOXICATE」93号に、ラテンビート映画祭が紹介されました。全国のタワーレコードで配布中です!
&
ラテン音楽情報雑誌の老舗、月刊「ラティーナ」9月号に、ラテンビート映画祭で上映する『キューバの恋人』の関連記事が掲載されました!

今年のラテンビート映画祭で何を見ようか決めかねている方、映画選びの参考に、ぜひご覧下さい。

ドリパス企画にて9/10(土)21:00~『バッド・エデュケーション』上映なるか!

ドリパス企画にて9/10(土)21:00~ペドロ・アルモドバル監督作品『バッド・エデュケーション』がエントリー中です。

ドリパスとは


今年で8回目を迎える「ラテンビート映画祭」ですが、記念すべき第一回のオープニング作品がこの『バッド・エデュケーション』でした。2人の青年の過去から現在に至る壮絶な愛と裏切り、渦巻く欲望をスリリングに描いたアルモドバルの半自伝的ドラマです。カンヌ映画祭のオープニングを飾り、ニューヨーク映画批評家協会賞を受賞しています。妖しくカラフルなアルモドバルワールドを土曜の新宿に蘇らせましょう!

チケット購入ページはこちら

m0000000099_X.jpg


img_134821_6606476_1-1.jpg


『バッド・エデュケーション』主演のガエル・ガルシア・ベルナル氏の姿は第8回ラテンビート映画祭の『雨さえも~ボリビアの熱い一日~』でも観る事が出来ます!
来日が待たれるラテンスターNo.1ですね…!


コピー ~ 雨さえもメイン

インドで大ヒットしたボリウッド映画『人生は一度だけ Zindagi Na Milegi Dobara』がラテンビートに初登場!

今年のラテンビート映画祭では、あのボリウッド映画を初上映。
インド本国で大ヒットした『人生は一度だけ Zindagi Na Milegi Dobara』には、インドのポップ・ミュージックとフラメンコをミックスした陽気なダンス&ミュージック・シーンが登場します!
アカデミー賞受賞作品『スラムドッグ$ミリオネア』でもおなじみの、出演者勢ぞろいのダンスシーンは、やっぱりスクリーンで楽しまなきゃ!
挿入歌「セニョリータ」は、インドでナンバー1ヒットを記録しました!

「セニョリータ」動画

unavez2.jpg

ラテンビート映画祭に、なぜボリウッド?と、不思議に思われる方も、ぜひ一度お試しください。
間違いなくお楽しみいただけるエンタメ作品です!

【上映日時】
新宿バルト9:9月17日(土)21:00 P.M.~
T・ジョイ京都:9月23日(金・祝)21:00 P.M.~
横浜ブルク13:10月7日(金)21:00 P.M.~

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

必見!! 極上のラテン音楽を楽しめる音楽アニメ2作品『チコとリタ』『リオ!』

ラテンビート映画祭で上映する『チコとリタ CHICO & RITA』は、古き良きアフロ・キューバン・ジャズの名曲を取り揃えた大人向けの音楽アニメ。
チャーリー・パーカーやナット・キング・コールなど、ジャズ界の巨匠たちの演奏シーンは、当代一流のジャズ・ミュージシャンたちが担当。音楽監督とチコの演奏はキューバ音楽の重鎮ベボ・バルデスが務めています!
公式サイト&予告編
サントラ

Chico_and_Rita_still3.jpg

【上映日時】
新宿バルト9:9月17日(土)13:15 P.M.~、9月18日(日)10:45 A.M.~
T・ジョイ京都:9月24日(土)10:45 A.M.~、9月25日(日)18:30 P.M.~
横浜ブルク13:10月9日(日)10:45 A.M.~、10月10日(月・祝)18:30 P.M.~



リオデジャネイロが舞台の冒険アニメ『リオ! RIO』では、ブラジル出身のミュージシャン、セルジオ・メンデスが、この映画のために「マシュ・ケ・ナダ」の新バージョンを再録音。
声の出演もしているウィル・アイ・アム(ブラック・アイド・ピーズのリーダー)、ジェイミー・フォックスの歌も楽しめます。
陽気なブラジリアン・ミュージックと、華やかでスピーディーな映像のコラボを堪能できる注目の一本です!
公式サイト(動画)
Rio_dance-p.jpg
©2011 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
【上映日時】
新宿バルト9:9月18日(日)13:15 P.M.~
T・ジョイ京都:9月23日(金・祝)16:00 P.M.~
横浜ブルク13:10月8日(土)13:15 P.M.~

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

『キューバの恋人』の主演俳優・津川雅彦の舞台挨拶、決定しました!

キューバと日本の合作映画『キューバの恋人』の上映後、主演俳優・津川雅彦氏がゲストとして登壇します。
トークショーとQ&Aでは、1968年当時のキューバの様子や撮影秘話、キューバ人共演者とのエピソードなど、当時の思い出をたっぷりと語っていただきます。この貴重なイベントをぜひお見逃しなく!

日時:9月15日(木)18:30~(『キューバの恋人』上映終了後)

guest_Tsugawa.jpg
津川雅彦 : 1940年1月2日京都府生まれ。日活映画『狂った果実』(1956年)でデビュー後、二枚目スターとして人気を博す。
1990年代には、伊丹十三監督作品に多数出演。存在感のある演技が注目される。
また、2006年にはマキノ雅彦として初監督作品『寝ずの番』を発表。その後も『次郎長三国志』(2008年)『旭山動物園物語』(2009年)と続き、日本の芸能界には欠かせない監督兼俳優として、映画・テレビで活躍している。『キューバの恋人』では無軌道で情熱的な若者を生き生きと演じている。


テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

LBFF特別講演:高城剛トークショー『高城剛流スペイン的人生の醍醐味 』開催!

新宿会場4日目の9月18日、スペインを本拠地に活躍する高城剛氏をお招きし、スライドショーや音楽を交えてお届けするトークイベントを開催致します!

「これまでに住んだ国の中で最もスペインが気に入っている」と語る高城剛氏。
世界各国を飛び回る彼を魅了するスペインとは?
常に独自の視点で時代を読み警笛を鳴らしながらも、誰よりも人生を楽しむ努力を惜しまない高城氏が、バルセロナでの生活やスペイン各地での経験を軸に、そのライフスタイルや楽しくエキサイティングに生きる秘訣などを、スライドショーと音楽とトークでお届けする、ラテンビート・スペシャル企画。
今、私たちを取り巻く環境が劇的に変化しているターニング・ポイントにおいて、旧来の「日本的思考」に風穴を開ける新しい考え方や視点を、高城剛流に語る熱い90分。来場者とのQ&Aも予定。この機会をお見逃しなく。

9月18日(日)16:00~(90分)

guest_Takashiro.jpg高城剛:1964年葛飾柴又生まれ。
日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。
近年の仕事に「2016東京オリンピック」招致映像総合演出、台湾で行われた日本最大の観光キャンペーン総合演出など。2009年より、拠点をバルセロナへ移し活動。
現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。
最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。今年7月には、高城未来研究所設立。
www.takashiro.com/future

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。