スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンビート映画祭のデザイナー、アナ・フアンのイラストを京都駅ビルで展示中!

スペインで名誉ある「最優秀イラストレーション賞」を受賞したアナ・フアン(Ana Juan)の作品が、京都駅ビルで展示されています!
期間はラテンビート映画祭開催中の10月3日まで。
京都へお出かけの際は、ぜひお立ち寄り下さい。


展示場所:
☆ポスター展:京都駅ビル・東広場7階エレベーター横(レストラン「チェント・チェント」近く)
☆「ザ・ニューヨーカー」表紙展:京都劇場2階 「手塚治虫ワールド」近くの広場


Ana-hotsummer2005.jpg
スパニッシュ・ホット・サマー in 渋谷(2005年愛知万博関連イベント)

アナ・フアン公式HP
スポンサーサイト

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

ラテンビート映画祭が各メディアで紹介されました!

各メディアで紹介されたラテンビート映画祭関連記事の一部をご紹介いたします。
まだまだラテンビートは続きます!
京都(10月3日まで)、横浜(10月8日~11日)も、ぜひおいで下さい!

<作品紹介特集>
intoxicate
タワレコとのコラボTシャツ(アナ・フアン イラスト) 好評発売中!

<オープニングレポート>
SHOT magazine
映画と。
ミニシアターに行こう
webDICE

<鑑賞レポート>
SHOT magazine
映画と。

<LBFFプロデューサー、アルベルト インタビュー>
MSN産経ニュース
webDICE
GIRLIN'
WEBダカーポ

<プレミア上映作品「愛する人」安藤和津さん、モモ子さん親子トークレポート>
映画.com
Movie Collection
SHOT magazine
Cinema Topics Online
シネマトゥデイ
サンスポ(SANSPO.COM)
yahooニュース
BIGLOBE シネマ スクランブル

<「レボリューション」「アベルの小さな世界」プロデューサー、ヘミニアノ・ピネーダ・モレノ インタビュー>
SHOT magazine
映画と。

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

ディエゴ・ルナ監督の『アベルの小さな世界』、サンセバスチャン国際映画祭でW受賞!

ディエゴ・ルナ監督の初のドラマ作品『アベルの小さな世界』が、
第58回サンセバスチャン国際映画祭にてPremios Horizontes Latinos(Horizontes Award)とPremio Euskaltel de la juventud(Youth Award)を受賞しました!


各賞についての詳しい説明はこちら(英語)

Horizontes Award

Youth Award



インタビュー動画(スペイン語)

Diego Luna: "El cine es de los directores, los actores somos vehículo"

John Malkovich y Diego Luna pasan por el Festival de San Sebastián

大注目の『アベルの小さな世界』は、9/30(木)13:00~京都駅ビルシネマ、
10/10(日)18:30~横浜ブルク13にて上映です。お見逃しなく!!!


5.jpeg


アナ・フアン、2010年スペイン最優秀イラストレーション賞受賞!

ラテンビート映画祭イラストを手掛けるアナ・フアンが、スペイン最高権威の2010年スペイン最優秀イラストレーション賞を受賞しました!

カミロ・サンチェス マドリッド発 2010年9月24日/EL PAÍS

イラストレーターのアナ・フアン氏(1961年バレンシア生)は、文化省スペイン最優秀イラストレーション賞を受賞した。当紙(EL PAÍS)にもたびたび登場している氏は、今回の受賞に「驚いている」と発言しており、また多忙な制作活動において今回の受賞は重要であると述べた。「外出先から家に戻ると、文化省からの手紙がきていて今回の事を知りました。」とマドリッドの自宅で電話取材に答えた。

氏のイラストはファンタジーを基調としたものから、無垢さを前面に押し出したものまであるが、アメリカ合衆国の雑誌を何度も(『タイム』:イラスト2作品, 『ザ・ニューヨーカー』:表紙16回)飾っている。
「一番印象深かった仕事は、『ザ・ニューヨーカー』むけに描いたイラク戦争の作品です。短時間で仕上げなければならなかったのですが、でき上がりが良く、今でも特別に思う作品になりました。出版関係だとある日突然電話がかかってきて数時間で仕上げなければならないこともあります。」

現在、アナ・フアン氏は「本を執筆」している。「アメリカで出版される児童文学の本を一冊仕上げたところです。作家としては2冊目で、タイトルは『ペットショップレボリューション』です。」「ピエロ・デラ・フランチェスカからラファエル以前までの画家すべてを踏襲した(LBFF注:ゴシック美術の影響を受けている)」作風であると付け加えた。

氏は電子媒体の発達が紙媒体を駆逐するとは考えていない。「紙媒体はこれから先もずっと残るでしょう。電子媒体の発達によってより多くの人の目に作品が触れるのはいいことだと思います。でも電子媒体一辺倒になるとは思いません。」

美術学科卒のアナ・フアン氏にとって、80年代にマドリス誌『Madriz』で初めて仕事の機会を得た時の事と、日本で3か月間インターンをした時のことは良い思い出となっている。「私の人生において一番感動的だった時期です。」

この賞は国内の本や文学作品分野で活躍するスペイン人イラストレーターの活動を社会的にもっと評価しようとの目的で始められており、受賞者には2万ユーロの賞金が贈られる。氏は、受賞後はどうしますかとの問いに「仕事を続けます。描き続けます」と答えた。
アナ・ファン氏は、これからも氏自身が気に入るような、夢にあふれた想像の世界の世界を描き続けることだろう。 (翻訳:山本浩史)

EL PAÍS掲載記事(スペイン語)

LBFF2010poster小
「第7回ラテンビート映画祭」ポスター

donita.jpg
LBFFのオリジナル・トロフィー“ドニータ”

<LBFFから追記>
★スペイン『EL PAÍS』紙の記事に掲載されているアナ・ファンの写真、右上のポスターに「A SNAKE OF JUNE」という文字が見えますが、これは塚本晋也監督の「六月の蛇」のポスターで、アナ・ファンが描きました。
★LBFFのオリジナル・トロフィー“ドニータ”はアナ・ファン手書き(写真下)。海外でも人気です。
★今年のLBFFの大判6つ折りチラシには、アナのポスター画(写真上)が大きく掲載されています。皆様に飾ってお楽しみいただければ幸いです。

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

ラテンビート映画祭、オープニング&鑑賞レポート

各メディアで紹介されたラテンビート映画祭、オープニング&鑑賞レポートの一部をご紹介いたします。


paperbirds-guest-s.jpg
オープニング作品「Paper Birds」のエミリオ・アラゴン監督、カルメン・マチさん、LBFFプロデューサー、アルベルト

【主な掲載記事】

「SHOT magazine」オープニング&作品鑑賞レポート

「映画と。」オープニング&作品鑑賞レポート

「ミニシアターに行こう」オープニングレポート

「GIRLIN'」オープニング&アルベルトインタビュー

「webDICE」オープニングレポート

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

『ルラ、ブラジルの息子』アカデミー賞ブラジル代表作品に決定!

ルラ、ブラジルの息子(2009年本国公開/第7回ラテンビート映画祭で上映)が本年度アカデミー賞外国語映画部門のブラジル代表作品に決定しました!

現役のブラジル大統領であるルラの半生を描いたドラマです。
ブラジルファン必見の映画です!


京都駅ビルシネマでは9/25(土)16:00~
横浜ブルク13では10/8(土)13:15~

より上映いたします。

お見逃しなく!



ラテンビート映画祭in新宿、閉幕。京都は10月3日まで、横浜は10月8日スタート!

9月16日から一週間に渡って開催されたラテンビート映画祭in新宿が、23日閉幕しました。
最終日は悪天候にも関わらず、大勢のお客様にご来場頂き、おかげ様で大盛況のエンディングを迎えることができました。
お客様皆様に心より感謝いたします。

京都では10月3日まで開催中。
横浜では10月8日から11日まで開催しますので、新宿での上映を見逃してしまった方、まだまだチャンスがあります!
ご来場、お待ちしております!

横浜&京都上映スケジュール

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

第7回ラテンビート映画祭、受賞発表! 

9月21日、LBFF開催中の京都で「第7回LBFFアワード」の発表と授賞式がありました。
受賞作品と受賞者は以下の通りです。

【第7回 LBFFアワード】

★ベスト作品賞 BEST FILM
Paper Birds」(監督:エミリオ・アラゴン)

Pajaros de papel (DIRECTOR: Emilio Aragón)


★ベスト監督賞 BEST DIRECTOR
マリアナ・チェニリョ、フェルナンド・エインビッケ、アマ・エスカランテ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・ガルシア、ディエゴ・ルナ、ヘラルド・ナランホ、ロドリゴ・プラ、カルロス・レイガダス、パトリシア・リヘン(「レボリューション」)

Mariana Chenillo, Fernando Einbcke, Amat Escalante, Gael García Bernal, Rodrigo García, Diego Luna, Gerardo Naranjo, Rodrigo Plá, Carlos Reygadas, Patricia Riggen (Revolución)

★ベスト女優賞 BEST ACTRESS
カルメン・マチ(「Paper Birds」)

Carmen Machi (Pajaros de papel)

★ベスト男優賞 BEST ACTOR
クリストファー・ルイス・エスパルサ(「アベルの小さな世界」)

Christopher Ruiz Esparza (ABEL)

★ベスト ドキュメンタリー賞 BEST DOCUMENTARY
わが父の大罪 -麻薬王パブロ・エスコバル-」セバスティアン・マロキン

Pecados de Mi Padre (Sebastián Marroquín)


「アベルの小さな世界」主演のクリストファー君、ベスト男優賞受賞の知らせを聞いたディエゴ・ルナ監督から、LBFFツイッターにメッセージが届きました!

Felicidades a Cristopher por su premio en Tokio!!! Mejor actor por Abel que bonito es lo bonito!!! Fiesta en Aguascalientes ajuuua!!!

ディエゴ・ルナ監督ツイッター

ベスト作品賞を受賞したアラゴン監督
ベスト作品賞を受賞した「Paper Birds」のエミリオ・アラゴン監督

ベスト女優賞のカルメン・マチ
ベスト女優賞を受賞したカルメン・マチさん

ベスト監督賞小
ベスト監督賞を受賞した「レボリューション」のプロデューサー、ヘミニアノ・ピネーダ・モレノさん

ベストドキュメンタリー賞小
ベスト・ドキュメンタリー賞を受賞した「わが父の大罪」出演のセバスティアン・マロキンさん

受賞一同-小
受賞者とLBFFプロデューサー、アルベルト



テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

◆重要◆『10月の奇跡』上映中止/同日時にて『テトロ』上映について

◆重要なお知らせ◆
『10月の奇跡』上映中止/同日時にて『テトロ』上映について


「第7回ラテンビート映画祭」で、新宿バルト9にて9/23(木)18:30より、京都駅ビルシネマにて10/2(土)18:30より上映を予定していた『10月の奇跡』が、大変残念ながら諸般の事情により、上映が不可能となりました。開催を直前に控えたこの時期に、皆様には多大なるご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。

つきましては同日時の上映回では代わりに『テトロ』を上映させていただきます。

以下は全て、新宿バルト9販売分のみに関する前売券払い戻し方法です。
京都駅ビルシネマ販売分に関する情報は追ってお知らせいたします。


『10月の奇跡』の代わりに上映となります『テトロ』の前売券は9/10(金)10:00よりチケットぴあにて販売開始致します。

『10月の奇跡』の前売券を既にお買い求めのお客様に関しましては、下記の通り、払い戻し対応をさせていただきます。大変お手数で申し訳ございませんが、お客様ご自身で以下の手続きを行って下さいますよう、何卒お願い申し上げます。

新宿バルト9販売分に関しましては、前売券のお取り扱いはチケットぴあのみですので、新宿バルト9窓口では払い戻しはできません。ご注意下さいませ。

代替作品『テトロ』ご鑑賞ご希望の際は、『10月の奇跡』の前売券を新宿バルト9にご持参いただければ、同日時上映の『テトロ』をご鑑賞いただけます。ご鑑賞後は払い戻し用に必ず半券をお手元に残してくださいますようお願いいたします。
また、前売券払い戻し後に『テトロ』をご鑑賞いただく際は、新宿バルト9のラテンビート映画祭受付にお越しいただければ、お席をご案内いたします(その際にご本人様確認のため、前売券購入時のいくつかの質問をさせていただきます)。


■払い戻し期間
チケットぴあでご購入の場合:2010年9月8日(水)~2010年9月26日(日)
※未使用のチケット(前売券)は切り離していない本券が必要です。使用後のチケットは半券が必要です。

■払い戻し金額
券面記載金額の全額(ご利用に付随して発生した諸費用は払い戻し致しかねます)

■払い戻し場所について

1:チケットぴあで購入された場合☆チケットぴあ店舗で直接購入された方は購入された店舗にチケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)をご持参ください。(払い戻しは店舗の営業時間内のみのお取り扱いとなります)
☆電話で予約またはインターネットで購入してチケットぴあ店舗で引き換えた方は引き換えた店舗にチケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)をご持参ください。(払い戻しは店舗の営業時間内のみのお取り扱いとなります)
☆サークルK・サンクスで直接購入された方は購入された店舗にチケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)をご持参ください。同コンビニエンスストアであっても、直接購入された店舗でなければ払い戻しは行うことは出来ません。
☆電話で予約してサークルK・サンクスで引き換えられた方は引き換えた店舗にチケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)をご持参ください。同コンビニエンスストアであっても、引き換えられた店舗でなければ払い戻しは行うことは出来ません。
※払い戻しはチケットぴあサービス時間内のみのお取り扱いとなります
チケットぴあ店舗:10時~20時00分【店舗によって異なります】
サークルK・サンクス:7時~23時30分
セブン-イレブン:24時間

2:電話予約またはインターネット購入後、郵便引取りを選んだ方の払い戻しについて
☆チケットぴあメールセンター TEL03-5237-9258(10時~18時)にて受付いたします。チケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)とお客様のお名前、ご住所、お電話番号のわかるもの(メモでもかまいません)を封入いただきまして、払い戻し期間内必着にて
〒102-0075
東京都千代田区三番町5-19 ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター宛
まで、「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」(送料はお客様負担)にて、チケット本券(未使用の場合)または半券(使用後の場合)を送付していただければ、『郵便振替払戻証書』(送料はぴあ負担)にて返金いたします。

3:1・2の方法が取れない場合はチケットぴあインフォメーションTEL0570-02-9111(10時~18時)にお問い合わせいただきますようお願い致します。

【本件(新宿バルト9販売分)に関するお問い合わせ】
新宿バルト9:ティ・ジョイ(脇田・土田)03-3248-8174

来日ゲスト写真をUPしました!

ラテンビート映画祭 in 新宿は、スペイン、メキシコ、コロンビアから来日したゲストとのQ&Aや写真撮影で、連日、盛り上がっています。
20日からは、いよいよ京都がスタート!
来日ゲストも、もちろん京都で舞台挨拶いたします。関西の皆様、お楽しみに!

LBFF-opening-s.jpg
写真左から、
LBFFプロデューサー、アルベルト・カレロ・ルゴ
「アベルの小さな世界」「レボリューション」のプロデューサー、ヘミニアノ・ピネーダ・モレノさん
「Paper Birds」出演のカルメン・マチさん
「Paper Birds」のエミリオ・アラゴン監督

カルメン
「Paper Birds」出演のカルメン・マチさん(写真右)

2010マロキンとモレノ小
「わが父の大罪」出演のセバスティアン・マロキンさん(写真左)、
「アベルの小さな世界」「レボリューション」のプロデューサー、ヘミニアノ・ピネーダ・モレノさん(写真右)

テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

プロフィール

LBFF

Author:LBFF
公式WEBサイトはこちら
Twitter
facebook

最新記事
twitter
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。